やよいのスマホアプリ「弥生 申告」と「弥生 レシート取込」をレビュー

「弥生会計のスマホアプリって何ができるの?」

 

「スマホでも使いやすい会計ソフトを選びたいけど、やよいはどう?」

 

「使った人の口コミや評判はどう?」

本記事は、そんな方の疑問に答えていきます。

ゆるり会計士@海外在住

私は公認会計士で、現在は海外在住ですが、日本と海外で10年以上税務業務をクライアントに提供してきました。
結論を先に言うと…
  1. やよいのスマホアプリは2種類あり、仕訳の手入力と、写真撮影によるレシートの取り込みができます。
  2. 自動仕訳や確定申告はできず、freeeやMFクラウドのアプリに比べて、使える機能が限定的です。
  3. 口コミでも、写真の読み取り精度が低いとかログインしづらいといった、厳しい声も多くありました。

(※詳細は以下の記事を読んでください。)

なので、スマホも効率的に活用して会計ソフトを使いたい方には、やよい青色申告オンラインなど弥生の会計ソフトは向きません。

スマホアプリが一番便利なのはfreeeなので、そういう方にはfreeeがおすすめです。

とはいえ、やよいは老舗かつ個人事業主向けクラウド会計ソフトでシェア第1位。幅広く支持を受けているソフトです。

 

スマホアプリを使わずにPC中心で使う予定の方には、スマホアプリの不便さは問題ないです。

本記事を参考に、やよいを使うか他のソフトを使うかを検討してください。

「弥生 申告」は仕訳の手入力用。確定申告は未対応

「弥生 申告」は弥生会計の個人事業主向けの以下ソフトの専用アプリです。Apple、アンドロイドで使えます。

  • やよいの青色申告オンライン
  • やよいの白色申告オンライン

「弥生 申告」でできること

アプリ「弥生 申告」は何ができるかアプリかを端的に言うと、仕訳の手入力ができるアプリです。

日々の取引入力が、いつでも、どこでも、簡単にできます。

「弥生 申告」のスクリーンショット4枚。仕訳入力の仕方。

上の写真は使う手順を左から右の順で示したものです。

つまり、①科目、②取引先・摘要、③金額、と進むと1件の仕訳入力が完了。

  1. 「①科目」で勘定科目名を選択
  2. 「②取引先・摘要」で取引先の名称などを入力
  3. 「③金額」で金額を入力

これで、一番右の写真のように、取引一覧に仕訳が表示されることになります。

これにより「やよいの青色/白色申告オンライン」に仕訳データが飛ばされます。

「弥生 申告」自体は、仕訳を集計した帳簿の役割を果たすプラットフォームではなく、あくまで本体にデータを飛ばすサブの端末という位置づけになります。

「弥生 申告」でできることは以上がほぼすべてで、機能をしぼったシンプルなアプリになっています。

「弥生 申告」でできないこと

アプリ「弥生 申告」では以下のことはできないので、ブラウザの「やよいの青色/白色申告オンライン」を使う必要があります。

  1. 銀行口座と連携のうえ取引データの取込みや自動仕訳
  2. 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等の作成

これらは、freeeやMFクラウドのアプリ版では既にできるようになっています。

「弥生 レシート取込」は写真撮影で取込み

続いて「弥生 レシート取込」も、弥生会計の以下のソフトの専用アプリです。Apple、アンドロイドで使えます。

  • 弥生会計オンライン
  • やよいの青色申告オンライン
  • やよいの白色申告オンライン
  • 弥生会計
  • やよいの青色申告

「弥生 レシート取込」はレシートの取り込みのためのアプリで、「弥生 申告」を補完する役割のアプリと言えます。

「弥生 レシート取込」の利用画面のスクリーンショット

上の画像のように、アプリ内でレシートを撮影することができ、その取引が自動的に取り込まれます。

取り込まれた取引の内容が正確でない場合は、手入力で修正できます。

「弥生 レシート取込」で取り込んだデータは、「やよいの青色/白色申告オンライン」に飛ばされます。

「弥生 申告」と同様に、あくまで「やよいの青色/白色申告オンライン」にデータを飛ばす端末の役割になります。

口コミ・評判 (iPhoneのApp Storeより)

2021年1月末時点でのApp Storeの評価は、「弥生 申告」が4.5 / 5、「弥生 レシート取込」が3.9 / 5でした。

App Storeの口コミを見ていて、特に気になったのは以下の2点です。実際の口コミ例は以下の通り。

ログインできないの声がチラホラ

両アプリに共通ですが、「ログインできない」という声がApp Storeで見られました。

「やよいの青色/白色申告オンライン」を使う場合は、「弥生 マイポータル」へのログインが必要になりますが、マイポータルのログイン情報が、アプリでも必要になります。

弥生会計の公式サイトでも、ログイン出来ない場合の対処法が説明されています。

>> 『やよいの青色申告 オンライン』スマートフォンアプリのログイン方法

ログインできない個々の理由は不明ですし、ログイン出来なかった方ほどApp Storeに書き込みをする可能性が高いため、目立つ面はあると思います。

とはいえ、ログインできないという声が一定数あるので、ログインで問題が生じないような改善を期待したいです。

ゆるり会計士@海外在住

ちなみに私自身は、ログインの問題は特になかったです。

「弥生 レシート取込」は読込みに難あり

App Storeの口コミを見ていると、「弥生 レシート取込」の読み込みの精度がよくないという声も目立ちました。

また、動作が不安定で使いづらいという声もあります。

私自身が試したところでは、読み取りはうまくできていました。

ただ、アップロードされるまでやや時間はかかるようで、サクサク使いたい方には不満が残るだろうなと感じました。

総評

以上を総合すると、「弥生 申告」は問題なく使えます。

それに対して、「弥生 レシート取込」は不安定であり、継続的に問題なく使えるアプリとは言えないです。

「弥生 申告」は問題ないので、仕訳の手入力がスマホアプリでできる点が便利な方は、「弥生 申告」だけ使えばよいと思います。

freee、MFクラウドとの比較

以下の点は、freeeとMFクラウドのスマホアプリでできるのに対し、やよいではできません。

  1. 銀行口座と連携のうえ取引データの取込みや自動仕訳
  2. 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等の作成

また、やよいの場合、上記のとおりレシートの読取りが不安定という技術的な問題もあります。

これらの差は大きいので、スマホアプリ重視でクラウド会計ソフトを選びたい方にとっては、「やよいの青色/白色申告オンライン」はおすすめできません。

freeeやMFクラウドを考えたほうがよいです。

もちろん、アプリを使わない方であれば上記のような問題はないので、「やよいの青色/白色申告オンライン」を選択してもOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アプリで仕訳の手入力をしたい方には、「弥生 申告」は便利なアプリです。

ただ「弥生 レシート取込」は不安定なので、あまり期待しないほうが良さそうです。

それに加えて、freeeやMFクラウドは、以下の点が進んでいるので、スマホアプリを最大限活用したい方は、どちらかを選びましょう。

  1. 銀行口座と連携のうえ取引データの取込みや自動仕訳
  2. 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等の作成

アプリなくてもOKという方は、やよいでも問題なし。

やよいには、以下2点の強みがあるので、アプリよりもこれらの点を重視する方は、「やよいの青色/白色申告オンライン」を使ってください。

  • 料金が安い(特にセルフプランは1年間無料)
  • 電話を含むサポートが安価に受けられる(ベーシックプラン)

「やよいの青色/白色申告オンライン」のプランや機能を詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

 

>> やよいの青色申告オンラインの料金プラン | セルフプランは1年間無料!

>>【公式】やよいの申込みはこちら
登録手続きは5程度で完了