クラウド会計ソフトのおすすめランキング | freee、MFクラウド、やよい青色申告

「クラウド会計ソフトを使おうと思うけど、どれがいいんだろう?」

本サイトは、そんな疑問を持つ方むけに作成しています。

ゆるり会計士@海外在住

私は公認会計士で、現在は海外在住ですが、日本と海外で10年以上税務業務をクライアントに提供してきました。

クラウド会計ソフトは、現在、freee、MFクラウド(マネーフォワード)、やよい(弥生会計)が3強で、シェアの大半を占めています。

中小企業向け
(2017年9月MM総研調査)
個人事業主向け
(2020年4月MM総研調査)
1 freee (32.3%) やよいの青色/白色申告オンライン (56.7%)
2 MFクラウド (19.2%) freee (21.1%)
3 弥生会計オンライン (15.4%) MFクラウド (16.8%)

以下では、実際に3つのソフト(個人事業主向け)を使ってみた私が、本音でランキングをつけてみました。

また、会計士ならではの感想も交え、各ソフトの特徴を比較・解説していきます。

おすすめ第1位 会計freee

会計freeeの評価

本サイトでは、会計freee (公式サイトはこちら)を第1位とさせて頂きました。

会計freeeの評価
初心者の使いやすさ
(5.0)
多様なユーザーへの対応度
(4.5)
価格
(4.0)
サポートの充実度
(4.0)
口コミでの満足度
(4.0)
会計士としてのおすすめ度
(5.0)

会計ソフトは、不慣れな方にとっては敷居が高いもの。

簿記の知識が必要という常識を覆えし、初心者にも使いやすいインターフェースを追求、実現した会計freee。

1位にふさわしい素晴らしいソフトです。

\5分で手続き完了/  
>> 【公式】会計freeeの無料登録へ 
※無料で始めれば1ヶ月過ぎても課金されません。

会計freeeの料金プラン

以下の通り、会計freeeには3つの料金プランがあり、最初は無料で使い始められます。

会計freeeの料金表

 月払いの場合年払いの場合
スターター1,180円11,760円
スタンダード2,380円23,760円
プレミアム-39,800円

プランごとの内容の違いを知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

基本的に、消費税の申告する方でなければ、「スターター」でも十分と思います。

まずは無料登録で使い始めて、後でどの有料プランにするか決めればOKです。

>> 公式会計freeeの無料登録はこちら

会計freeeが合う人 / 合わない人

私としては会計freeeがイチオシですが、特に以下のような方には会計freeeがおすすめです。

  • 経理の経験があまりないけれど、自分で記帳・確定申告をする必要がある方
  • 記帳や確定申告にかける時間をなるべく少なく済ませたい方
  • 新しくて便利なものが好きな方

フリーランスのエンジニアの方などITに精通した方は、サクサク使えるfreeeを好む比率が高いようです。

逆に、会計freeeが合わない可能性があるのは以下のような方。

  • 従来の複式簿記形式の会計ソフトに慣れていて、それで不便を感じない方
  • 価格重視の方(会計freeeは、他のソフトより少し高めです)

他の会計ソフト経験者の方も、無料のトライアル登録で使い心地を確かめてみてください。

>> 公式会計freeeの無料登録はこちら

参考記事

以下の記事では、会計freeeについての口コミや、よくある質問(FAQ)も載せていますので、気になる方はどうぞ。

【まとめ】会計freeeが支持される3つの理由 | 口コミあり

また以下の通り、ポイントを絞って深堀りした記事もありますので、気になる点がある方はこちらもお読みください。

おすすめ第2位: やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインの評価

第2位は、やよいの青色申告オンライン(公式サイトはこちら)。老舗の弥生会計による、クラウド版のソフトです。

やよい青色申告の評価
初心者の使いやすさ
(3.5)
多様なユーザーへの対応度
(4.0)
価格
(5.0)
サポートの充実度
(5.0)
口コミでの満足度
(4.0)
会計士としてのおすすめ度
(4.5)

ソフトの操作性では上位2社が先行していますが、価格も安く、サポートも充実。

根強い人気が示す、安心して使えるソフトです。

\5分で手続き完了/  
>> やよい青色申告オンラインの無料登録

やよいの青色申告オンラインの料金プラン

やよい青色申告も、3つの有料プランあり、最初は無料で使い始められます。

やよいの青色申告オンラインの料金プラン

 セルフベーシックトータル
初年度無料6,000円10,000円
2年目から8,000円12,000円20,000円

>> 公式やよいの青色申告オンライン

やよい青色申告が合う人 / 合わない人

やよいの青色申告オンラインは、個人事業主向けのクラウド会計ソフトとしては、断トツでシェア1位を確保しています。

これも弥生会計のブランドや信頼性、安心感のおかげでしょう。

以下のような方には、やよいの青色申告オンラインがおすすめです。

  • 充実したサポートを重視したい方
  • 価格を最重視で選びたい方(サポートのないセルフプランであれば、当初1年間は無料!)
  • 従来型の複式簿記形式の会計ソフトに慣れており、多少の使いやすさの差は重視しない方

やよいは老舗ならではでサポート体制が充実。freeeやMFクラウドとは異なり、最上位プランでなくても電話サポートを受けられます。

 

また「業務相談」といって、仕訳や確定申告についての相談もできるので、不慣れな方はとても助かります。

>> 公式やよいの青色申告 オンライン

他方、私がやよいを実際に使ってみたところでは、以下のように使い勝手が少し気になりました。

  • 必要な機能へのリンクが画面に分かりやすく配置されたfreeeやMFクラウドに比べ、デザイン面で劣る。
  • 銀行口座などから取り込んだ取引データのうち処理待ちのリストがトップ画面で表示されず、利便性で劣る。
  • スマホアプリも改善が遅れており、たとえば仕訳処理の機能も用意されていない。

便利さを重視する方は、freeeかMFクラウドを選んだほうが間違いなさそうです。

参考記事

おすすめ第3位 マネーフォワード(MF)クラウド確定申告

マネーフォワード(MF)クラウド確定申告の評価

第3位は、MFクラウド(公式サイトはこちら)。

MFクラウドの評価
初心者の使いやすさ
(4.0)
多様なユーザーへの対応度
(4.0)
価格
(4.5)
サポートの充実度
(4.0)
口コミでの満足度
(4.0)
会計士としてのおすすめ度
(4.5)

バランスが取れて価格も高くなく、freeeに劣らない優れた会計ソフトです。

好き嫌いに左右されない万能型のソフトなので、誰でも安心して使うことができます。

>>【公式】MFクラウドの無料登録へ 
※無料で始めれば1ヶ月過ぎても課金されません。

 

MFクラウドの料金プラン

MFクラウドも、3つの有料プランがあり、最初は無料で使い始められます。

MFクラウドの料金プラン

 月額プラン年額プラン
パーソナルミニ980円9,600円
パーソナル1,280円11,760円
パーソナルプラス2,980円35,760円

プランごとの内容の違いを知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

MFクラウドも、まずは無料登録で使い始めて、後でどの有料プランにするか決めればOKです。

>> 公式MFクラウドの無料登録はこちら

MFクラウドが合う人 / 合わない人

MFクラウドは、freeeのように新しい要素を取り入れつつも、オーソドックスな機能を主軸にしてバランスがいい会計ソフト。

ゆるり会計士@海外在住

総合的にみて会計freeeと肩を並べられる会計ソフトは、MFクラウドのみだと思います。

以下のような方には、MFクラウドがおすすめです。

  • オーソドックスでかつ使いやすい会計ソフトを期待している方
  • 現在は簿記の知識がなくても、長期的にはある程度身につけたいと考えている方
  • 従業員がいて給与計算機能も欲しいが、安価に済ませたい方

逆に、以下の方にはfreeeの方がよさそうです。

  • 簿記の知識は最低限で確定申告まで乗り切りたい方
  • 仕訳処理など、スマホも効率的に活用したい方
  • 消費税申告をする方(現状、MFクラウドには消費税申告機能が付いていません)

家計簿アプリのマネーフォワードMEに慣れた方も、MFクラウドは入りやすいかもしれません。ただ会計ソフトの方が使いこなすのは難しいので要注意です。

MFクラウドも、まずは無料登録で試してみるとよいと思います!

>> 公式MFクラウドの無料登録はこちら

参考記事

MFクラウドをもう少し深堀りしたい方は、以下の記事も参考にしてください。

まとめ

以上、3大クラウド会計ソフトをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

大げさに言うならば、個人事業主にとって会計ソフト選びは、結婚相手を探すようなもの。

相性のよいソフトに出会うためにも、場合によっては複数のソフトを無料登録で使ってみるとよいです。