MFクラウド確定申告の料金プラン比較【パーソナルミニはコスパ最高】

「マネーフォワード(MF)クラウド確定申告の有料プランの内容を教えて?」

 

「パーソナルプランとパーソナルミニプランは値段も近いけど、どっちがお得?」

 

「無料で使うこともできるの?」

ゆるり会計士@海外在住

そんな疑問を持つ方のために、MFクラウド確定申告の各プランの特徴と違いを解説します。

私は公認会計士で、現在は海外在住ですが、日本と海外で10年以上税務業務をクライアントに提供してきました。

MFクラウド確定申告には3つの有料プランがあり、料金(税抜)は以下の通りです。

 月額プラン年額プラン
パーソナルミニ980円9,600円
パーソナル1,280円11,760円
パーソナルプラス2,980円35,760円
プラン内容の結論を先に言うと…
  1. 月額980円のパーソナルミニは基本機能をカバー。確定申告もできるので、基本的にこれを選べば大丈夫です。
  2. ただし、年間売上1,000万円超で消費税の申告をするなら、パーソナルにする必要ありです。
  3. まずは無料のトライアル登録で使ってみて、必要に応じて有料プランに切り替えればOKです。

詳細は以下で解説します。

まずは無料登録で実際の画面をいじってみて、利用イメージを体感してください。

ゆるり会計士@海外在住

MFクラウドを使えば、税金の不安や苦手意識がある方でも、簡単に確定申告ができます。

>> 公式マネーフォワード (無料登録はこちら)

マネーフォワードクラウド確定申告の3つの有料プランの概要

各プランの共通機能 | 確定申告が可能

家計簿アプリでも有名なマネーフォワード。

個人事業主向け会計ソフトの名称は「マネーフォワード(MF)クラウド確定申告」になります。

MFクラウド確定申告には、パーソナルミニ、パーソナル、パーソナルプラスの3プランがあります。

どのプランにも以下の機能は付いていて、基本機能として利用できます。

  • 銀行口座やクレジットカードとの同期
  • 請求書の作成
  • 確定申告書の作成・出力

各プランの料金

MFクラウドの3プランの概要は、以下の通りです。

MFクラウドの3つのプランの料金比較表(パーソナルミニ/パーソナル/パーソナルプラス)

改めて、料金に絞ると次の通り。

 月額プラン年額プラン
パーソナルミニ980円9,600円
パーソナル1,280円11,760円
パーソナルプラス2,980円35,760円

通常フリーランスの方が利用するプランは、パーソナルミニパーソナルです。

パーソナルプラスはやや割高なので、あまり使われません。

また、年額プランだと、途中キャンセルした場合に返金されない額が大きくなるので、注意が必要です。

注意

契約期間中に解約すると、残存期間分の返金はされません。

ゆるり会計士@海外在住

ずっと使うなら年額プランのほうが得だけど、最初は月額プランで始める方が無難ですね。

月額プランの場合、パーソナルミニパーソナルは、1ヶ月300円の差

1年間では3,600円の違いになります。

プラン選びの考え方

以下で説明しますが、最上位のパーソナルプラスパーソナルとの違いは、電話サポートの有無のみ。

他方、パーソナルミニパーソナルでは、使える機能に色々な差があるので、この2つのどちらが自分に合うかを考えましょう。

パーソナルミニとパーソナルの3つの違い | おすすめはパーソナルミニ

各プランの機能の比較は、以下のとおりです。

MFクラウドの3つの料金プランの機能比較表(パーソナルミニ/パーソナル/パーソナルプラス))

パーソナルパーソナルプラスは全部「◯」で同じですが、パーソナルミニだと「✕」の項目が結構多いですね。

あなたにとって必要な機能がパーソナルミニで「✕」なら、パーソナルを検討する必要ありです。

ゆるり会計士@海外在住

自分にとって必要な機能と不要な機能を、見極めましょう。

では、料金の近いパーソナルミニパーソナルの主な機能の違いは何でしょうか?

主な違いを、以下の3点にまとめました。

  1. 消費税集計機能
  2. レポート機能
  3. 取引先の登録数

(1) 消費税集計機能

パーソナルミニプランには消費税集計機能が付いていません。

それに対して、パーソナルプランには消費税集計機能があります。

年間の売上が1,000万円を超えている方は、消費税の申告のために集計機能が必要です。

ゆるり会計士@海外在住

逆に言うと、消費税の申告をしないなら、パーソナルミニプランで十分です。

消費税の申告要件を詳しく知りたい方は、こちらの国税庁のサイトをご確認ください。

 

簡単に言うと、基準期間(2年前)の課税売上高が1,000万円以下の事業者は、消費税の納税義務が免除されます。

 

(納税義務が免除された事業者を、「免税事業者」といいます。)

「免税事業者」であれば消費税の申告義務がありません。

この場合、会計ソフトの消費税集計機能がなくても大丈夫です。

(2) レポート機能

パーソナルプランでは、収益や経費などのレポートを見ることができます。

それに対し、パーソナルミニプランでは、これができません。

キャッシュフロー(お金の出入り)のレポートのみ、見ることができます。

自分の事業の業績の推移の傾向を把握して、改善策を練りたい方には、収益や経費のレポートは重要です。

ただし、多くの方にとって、会計ソフトを使い始める目的は、日々の記帳と年に一度の確定申告の実施です。

言い換えると、詳しいレポートは、付加的な機能として有用ですが、絶対に必要なものではありません。

ゆるり会計士@海外在住

自分の業績推移の把握が不要な方は、パーソナルミニプランで始めれば十分でしょう。

(3) 取引先の登録数

パーソナルプランでは、請求業務の取引先の登録数に上限がありません。

これに対してパーソナルミニプランの場合、登録できる取引先の数は15社に制限されます。

ただ一般に、15社を超える請求先を持っているフリーランスの方は多くないと思います。

 

取引先数が多くないのであれば、パーソナルミニでも特に困ることはありません。

ゆるり会計士@海外在住

取引先の数が15社を超えなければ、パーソナルミニプランでも十分です。

以上、3つの観点から両プランの主な違いをまとめました。

実は他に以下のような項目でも違いがあります。

  • 口座残高照会および帳簿残高との突合
  • (請求書の)毎月自動作成
  • 回収消込表
  • 郵送、メール送信等の一括操作

ただしこれらは、よほど請求書の発行が多い事業でない限り、不要です。

つまり、パーソナルミニでこれらの機能が使えなくても、多くの方にとって影響はないでしょう。

ゆるり会計士@海外在住

以上より、多くの方はパーソナルミニプランで十分。安心して使い始めましょう。

もし不十分だと感じたら、そのときにパーソナルプランへの変更を考えれば間に合います。

>>【公式】MFクラウドの無料登録へ 

パーソナルプラスは電話サポート付き

最上位のパーソナルプラスについても説明しておきます。

ゆるり会計士@海外在住

結論としては次の表の通りで、24,000円プラスで電話サポートが付くのみ。あまり強くはお勧めしません。
メリットデメリット
電話サポートが付く年24,000円プラス
年額プラン(返金なし)

上のプラン比較表で紹介しましたが、パーソナルパーソナルプラスは機能が同じで全部「◯」。すべての機能が使えました。

一点違うのが以下の表の通りで、パーソナルにはない電話サポートが、パーソナルプラスには付いています。

他方、両プランの料金は次のとおりです。

パーソナルパーソナルプラス
年額11,760円年額35,760円

パーソナルプラスのほうが、年24,000円高いですね。

ゆるり会計士@海外在住

しかもこれは年額プランなので、途中キャンセルは返金してもらえません。

もちろん、電話サポートもあれば安心なのは間違いなく、年24,000円の価値を感じる方はパーソナルプラスを使いましょう。

ただ、パーソナルミニパーソナルでも、メールチャットのサポートを利用できます

 

24,000円の差を考えると、多くの方はパーソナルミニやパーソナルでよいと思います。

ゆるり会計士@海外在住

もし電話サポートの必要性を感じたら、その時点でパーソナルプラスを検討すればOKです。

【参考】MFクラウドのプラン変更と解約

プラン変更するとどうなるか

MFクラウドでは、プラン間の変更は即日で反映され、手続きはスムーズです。

また、アップグレード、ダウングレードの場合とも、料金を日割りで計算してくれて損もありません。

  • アップグレード: パーソナルミニからパーソナルへの変更
  • ダウングレード: パーソナルからパーソナルミニへの変更
    (年額のパーソナルプラスからのプラン変更はできません。)
参考

MFクラウドの公式サイトにも、プラン変更の説明があります。

>> 契約プランの変更手順

>> プラン変更時の請求額について

必要なときに簡単にプラン変更できるので、まずはパーソナルミニを使えば問題なしです。

>>【公式】MFクラウドの無料登録へ 

解約するとどうなるか

契約期間の途中でMFクラウドを解約した場合、当契約期間までの料金が満額発生することになります。

つまり、残存日数相当の料金は返金されないので、注意して下さい。

MFクラウドを初めて使う方は、月額プランで始めるのが無難ですね。

 

年額プランの場合、キャンセルする場合に戻ってこない金額が大きくなってしまいます。

なお解約しても、登録したデータは消えずに残りますが、利用できる機能に制限がかかります。

逆に言うと、解約したらすぐ使えなくなるわけではないので、その点は安心です。

【参考】無料プランで確定申告の手前まで

無料プランでも基本機能は使える

MFクラウドの1ヶ月間の無料トライアルに申し込むと、有料プランと同様の機能が使えます。

そして1ヶ月経過後も、自動で課金されたりはせず、実は無料利用を続けられます。

ゆるり会計士@海外在住

それなら安心ですね。会計ソフトは相性もあるので、早めに無料で使ってみましょう。

MFクラウドの無料登録はマネーフォワードの公式サイトから簡単にできます。

 

>> マネーフォワードの公式サイト

無料登録の手順を確認してから登録したい方は、以下の記事をご覧ください。

>> MFクラウド確定申告の始め方 | 登録手順は簡単!【画像つき】

無料プランの制約

さて1ヶ月経過後も基本機能を使える無料プランですが、制約も大きいので注意して下さい。

無料プランの制約
  1. 仕訳登録は一年度につき50件まで
  2. 請求書機能の取引先の登録は3件まで
  3. 仕訳帳・総勘定元帳・補助元帳・決算書は、PDFのみ出力可能
  4. 確定申告メニューを利用できない

上記の制約は大きいので、無料でずっと使い続けることはできません。

MFクラウドの無料プランを使う上での制約や留意点をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参照ください。

無料にこだわるなら「やよい」が最強

会計ソフトを無料で長く使いたい方は「やよいの青色申告オンライン」も検討しましょう。

確定申告機能もついた「セルフプラン」という有料プランを最初の1年間だけ無料で利用できます。

ゆるり会計士@海外在住

無料で確定申告までできるので、かなりお得です。

やよいの青色申告オンラインは、以下の公式サイトで無料特典の申込みができます。

 

>> やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にどうぞ。

>> やよいの青色申告オンラインの料金プラン | セルフプランは1年間無料!

まとめ: 無料トライアルでお試しを(口コミは別記事へ)

以上で、MFクラウド(マネーフォワード)の料金プランの違いを解説しました。

有料プランの中では、多くの方は最安で月980円のパーソナルミニプランで十分です。

 

まずは無料で使い始めて、必要な段階になったら、有料プランに切り替えましょう。

ゆるり会計士@海外在住

確定申告が近づく前に無料トライアルで使ってみて、自分に合うか見極めておきましょう。

\5分で手続き完了/  
>>【公式】MFクラウドの無料登録へ 
無料で始めれば1ヶ月過ぎても課金されません。

申込み前に口コミも見ておきたい方は、以下の記事をどうぞ。

 

>> MFクラウド確定申告の口コミ・評判を紹介!デメリットも知っておこう