会計freeeの無料プランでできること | お試しの無料期間はいつまで?

「会計freeeは無料でお試し利用できるって聞いたけど本当? 登録したら課金されたりしない?」

 

「 有料プランと何が違うの?無料プランで確定申告もできる?」

 

「他の会計ソフトの無料プランに比べると、使える機能の範囲はどうなの?」

本記事では、このような疑問や不安を持つ方のために、一つ一つ回答していきます。

ゆるり会計士@海外在住

私は公認会計士で、現在は海外在住ですが、日本と海外で10年以上税務業務をクライアントに提供してきました。
結論を先に言うと…
  1. 会計freeeの無料プランは、自分から有料に切り替えない限り課金されないので、安心です。
  2. 無料登録でも基本機能は有料プランと同じですが、確定申告まではできません。
  3. やよいの青色申告オンラインやMFクラウドなど、他のソフトのほうが無料で使える範囲は広いです。

本記事を読んで、無料プランを最大限活用してください。

ゆるり会計士@海外在住

他のソフトもそうですが、無料でずっと使い続けるのは無理。無料期間中に、将来も使いたいソフトかを見極めましょう。

会計ソフトは、税金の不安や苦手意識も解消してくれる、便利なツールです。

「まずは無料でいじってみるか!」という気軽な気持ちで使いはじめて、最初の一歩を踏み出しましょう!

>>【公式】無料登録お申込みはこちら
※手続きは簡単!5分で完了です。

お試し無料期間中は課金なし (解約も不要)

登録時にクレジットカード情報は不要

会計freeeは無料でお試し利用ができます。

無料登録は、会計freeeの公式サイトで必要情報を入力していくと、5分ほどで完了します。

無料登録すると、一定期間経過後に、自動課金されたりしないですか?

 

会計freeeは、自分で有料プランに切り替えない限り自動課金されない仕組みです。安心してください。

有料プラン切替時に初めて課金が発生します。

ゆるり会計士@海外在住

freeeの無料登録手続き時点ではクレジットカード情報を提供しないので、そもそも自動課金できないです。

1ヶ月経過後も無料プランで利用可能

freeeの無料お試し期間は1ヶ月と聞いたけど、1ヶ月過ぎても自動課金されないのですね?

その通りです。1ヶ月過ぎても無料プランが続くので、課金されません。

*無料お試し期間中に有料プランに切り替えると、1ヶ月以内でも、その日から有料期間が始まります。

最初の1ヶ月の無料お試し期間が終わると、形式上、自動的に無料プランに切り替わります。

ただ、その後も無料で使えるサービスは実質的に同じで、基本機能を使い続けられます

ゆるり会計士@海外在住

無料お試し期間中に使って不便を感じなければ、1ヶ月経過後も無料プランで使い続ければいいですね。

必要になったときに有料プランへの切り替えを考えれば間に合います。

>>【公式】無料登録お申込みはこちら
※手続きは簡単!5分で完了です。

無料はいつまで? 無期限で、解約も不要

無料期間には特に期限が設けられておらず、解約する必要もありません。

ただし以下で説明しますが、無料プランでは利用できる範囲に限界があります

 

本格利用するなら、どこかの時点で有料プランに切り替えましょう。

なお、無料プランのアカウント自体を削除したい場合は、「事業所の削除」という手続きで削除できます。

会計freeeの無料プランでできること/できないこと | 確定申告はできない

freeeの公式サイトによると、無料プランと有料プランの機能の違いは以下の通りとなります。

freeeの無料プランと有料プランの比較表

もし上記の画像が小さくて見えづらければ、下の表も同じ内容なので、こちらをどうぞ。

 無料プラン/
お試しプラン
有料プラン
取引データの
閲覧・編集
直近1か月に
登録した
データのみ
無制限
請求書類の
閲覧・編集
直近1か月に
登録した
書類のみ
無制限
書類の
写真等の
データ取込
無料・お試し
スターター:
 月5枚まで
お試し
スタンダード:
 月15枚まで
スターター:
月5枚まで

スタンダー
ド以上:
月10GBまで
仕訳帳の
CSV/PDF
出力
お試し
10データ
の出力のみ
無制限
総勘定元帳
のCSV/PDF
出力
お試し
10データ
の出力のみ
無制限
取引データ
のCSV出力
利用不可無制限
メンバー
招待
可能人数
アドバイザー
制度加入者
のみ 招待可
管理者含め
3人まで
1名あたり
月額300円/
年額3,000円
で追加可能
チャット
サポート
利用不可利用可
チャット
ボット
利用可利用可
メール
サポート
利用不可
(契約に
関する
お問合せは
利用可能)
スターター:
3営業日で
返信

スタンダー
ド以上:
3営業日で
返信(急ぎを
希望の場合
は1営業日
で返信)
電話サポート利用不可利用可
(プレミアム)
確定申告
書類
の作成機能
申告内容の
入力も可能
出力も可能

色々な項目がありますが、無料だと電話サポートはないですね。

ただしそれ以外は、無料でも主な機能は使えます。

回数や期間の上限が設けられていますが、その範囲内でほとんどの機能を使うことができます

なお、取引データの取り込みなど、会計freeeの使い方の基本を以下の記事で解説しました。

 

私自身の実際の利用画面に沿って説明しているので、イメージが湧きやすいと思います。

 

>> 【会計freeeの使い方】簡単!初期設定から連携・記帳まで会計士が解説

無料プランでもできること3点

無料プランでも、有料プランと同様に、主要機能は利用できます。

中でも以下の3つはクラウド会計ソフトに欠かせない機能ですが、無料プランでも利用できます。

無料プランでもできること
  1. 仕訳入力(銀行・クレジットカードの取引やレシート画像の取込みも)
  2. メールサポート
  3. 確定申告書への入力まではできる

上記3点の詳細を、以下で順に解説していきます。

① 仕訳入力(銀行・クレジットカードの取引やレシート画像の取込みも)

銀行・クレジットカードのデータの取り込みや、レシートのスマホカメラでの取り込みが簡単にできるのがクラウド型会計ソフトの最大の強み。

無料プランでも、有料プランと同様に取引データの取り込みができ、簡単に仕訳登録までできてしまいます。

無料プランだと、スマホ取り込みが月5件までの制限がありますが、これは有料のスタータープランと同じです。

ゆるり会計士@海外在住

日々の記帳は会計ソフトの最重要機能ですが、無料プランでも有料プランと遜色ありません。

② メールサポート

操作方法が分からないときに質問ができて助かる、サポート機能。

無料と有料でのサポート体制の違いをまとめると、以下のとおりです。

 無料プラン有料プラン
チャットサポート△ (*1)
メールサポート
電話サポート△ (*2)

(*1) 最初の1週間のみ利用可能
(*2) 最上位のプレミアムプランまたはベーシックサポートオプションを付加した場合のみ利用可能

ゆるり会計士@海外在住

無料プランでもメールサポートはずっと使えるので、その点は安心です。

返信まで最長3日かかりますが、急がない状況であればメールサポートでも問題ありません。

ちなみにチャットサポートは早めに返信をもらえて便利ですが、無料プランだと最初の1週間しか利用できません。

 

また電話サポートが使えるのは、有料で最上位のプレミアムプランのみ。無料プランでは利用できません。

③ 確定申告書への入力までは可能

無料プランだと、確定申告書の出力電子申告ができないですが、必要事項を確定申告書に入力することはできます。

なので、記入された内容を自分で確定申告書に転記して申告できる方は、無料プランでも大丈夫です。

ただし、青色申告決算書の自動作成もされないので、青色申告をする方は、転記して自力で青色申告決算書を作成する必要があります。

ゆるり会計士@海外在住

初心者にはかなりハードルが高いので、有料プランへの切り替えが必要ですね。

確定申告書や青色申告決算書の出力までできてこそ、会計ソフトの便利さや安心感があります。

無料プランではできないこと3点

続いて無料プランではできないことを3つ挙げると、以下の通り。

無料プランだとできないこと
  1. 入力後1ヶ月過ぎると、入力した取引データの閲覧・編集・削除ができない。
  2. 最初の1週間しかチャットサポートを利用できない。
  3. 確定申告書の出力電子申告ができない。

以下で1つずつ見ていきます。

1. 1ヶ月過ぎると、取引データの閲覧・編集・削除ができない。

無料プランの場合、登録日から1か月経過した取引データは、非表示になります。

 

非表示になると、取引データの閲覧・編集・削除ができません。

ゆるり会計士@海外在住

これがfreeeの無料プランの最大のデメリットです。

なお、取引データが非表示になっても、データとしてアカウントにはそのまま保存されます。

なので、

  • 仕訳帳・総勘定元帳・決算書などにも取引記録が残ります。
  • 確定申告書にも、全ての取引のデータを反映して作成されます。
  • 無料プラン利用時に登録したデータは、有料プラン切替え後も引き継がれるので、その点も安心です。

とはいえデータが非表示になってしまうと、当然使い勝手が悪いです。

自分がどの取引を登録したか分からなくなったり、登録の重複やもれが生じかねません。

ゆるり会計士@海外在住

無料プランのまま使い続けるのは困難。どこかの時点で、有料プランに切り替えが必要です。

2. 最初の1週間しかチャットサポートを利用できない。

早めに返信をもらえて便利なのがチャットサポート。

無料プランだと、最初の1週間しかチャットサポートを利用できません。

ただ上述の通り、メールサポートが使えるので、急がない状況であれば問題ありません。

それにfreeeは初心者でも使いやすいので、サポートはほぼ不要という声も多いです。

 

またFAQが充実していて、自力で調べて解決することも多いです。

ゆるり会計士@海外在住

なので、チャットサポートが1週間のみでも、大きな問題ではないとも言えます。

3. 確定申告書の出力や電子申告ができない。

無料プランだと確定申告書への入力はできますが、出力電子申告ができません。

具体的には、freeeの無料プランで確定申告の画面に進むと、以下のように表示されます。

freeeの確定申告書の表示画面

この画面から、必要事項が記入された確定申告書を見ることはできます。

ただ、その確定申告書を印刷したりファイルとして取り出すことができません。

 

つまり、無料プランだと、会計freeeを使って確定申告書を提出することができません。

なので、freeeの画面を見ながら国税庁の「確定申告書等作成コーナー」に転記して、そこから提出するよりありません。


そして、青色申告をする方がもうひとつ提出する必要があるのが、青色申告決算書です。

無料プランだと、青色申告決算書の作成もできません。

無料プランでできるのは、試算表やその他の会計帳簿一式の作成までです。

なので、やるなら、freeeで作成した試算表などを見ながら、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」に自分で転記するよりないです。

ゆるり会計士@海外在住

これは確定申告や経理の経験が豊富な人でない限り、かなりハードルが高いです。

よほど確定申告に慣れた方が無料にこだわるのでない限り、有料プランに切り替えて確定申告しましょう。

無料プランか有料プランかの判断基準

無料か有料かの判断基準

以上を踏まえると、多少無理をすれば、無料プランで確定申告するのも不可能ではないです。

ただし、以下の制約があるので、申告内容を間違えるリスクも高く、お勧めはできません。

  • 取引の登録から1ヶ月経つと、その取引データが表示されなくなる。
  • 確定申告書・青色申告決算書の出力機能がない。

したがって、無料と有料の使い分けは、以下の通りとするのがよいでしょう。

 無料有料
①最初の1ヶ月間の時期
②1ヶ月経過後、確定申告前
(1)無料プランでも不便なし
(2)無料プランだと不便



③確定申告の時期
④確定申告後の時期

無料か有料かの判断は、本人の状況だけでなく、確定申告までの時期にもよるわけですね。

有料から無料プランに戻すことも可能

上の表の内容をもう少し詳しく説明すると、、

  1. 使い始めのときは、どんな属性の方でも、無料プランでOKです。
  2. 1ヶ月以上前のデータが見えなくても困らない方は、無料を継続。不便な方は、有料プランに切り替えましょう。
  3. 確定申告の時期は、有料プランに切り替えて確定申告しましょう。
  4. 確定申告後は、有料で続けてもいいし、ひとまず解約して無料プランに戻す手もありです。

有料プランを解約して無料プランに戻す方法は、以下の記事で詳しく説明しています。

>> freeeの解約は簡単?アカウントは消さず退会(支払停止)でOK

ゆるり会計士@海外在住

有料で利用した後も、場合によっては無料プランに戻して利用できるので、安心ですね。

>>【公式】無料登録お申込みはこちら
※手続きは簡単!5分で完了です。

他の会計ソフトの無料プランとの比較

以上で会計freeeの無料プランの特徴をご理解頂けたと思います。

続いては、他の会計ソフトの無料プランと比べて、freeeはお得なのかどうかを解説します。

先に結論を言うと、、
  • 無料プランでも使える範囲が一番広いのは、やよいの青色申告オンラインです。確定申告までできます。
  • ただし、やよいの無料も最初の1年まで。どのソフトでも無料でずっと使い続けるのは無理です。
  • 有料に切り替えた後のことも考えてソフト選びすることが大事です。

マネーフォワード(MF)クラウド

MFクラウドには確定申告機能がついていませんが、これはfreeeと同じ。

その他の最大の制約は、仕訳登録が年間50件までという点です。

取引数が年間50件に収まる方でない限り、すぐに有料への切り替えが必要になります。

freeeとMFクラウドの無料プランの制約を比較すると、以下の表の通り。

 freeeMF
確定申告できるか
データを1ヶ月以上
保持できるか
年50件超の仕訳ができるか

ゆるり会計士@海外在住

どっちがいいかは微妙ですが、取引数が少ない方であれば、MFクラウドの無料プランの方が良さそうです。

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインセルフプランの場合、確定申告を含むすべての機能を1年間無料で使えます。

なので、いつ申込みしても、必ず1回は無料で確定申告できるのが強みです。

表でfreeeの無料プランと比較すると、どちらがいいかは一目瞭然。

 freeeやよい
確定申告できるか
データを1ヶ月以上
保持できるか

ゆるり会計士@海外在住

無料プランという意味では、やよいの方がfreeeより絶対にお得なわけですね。

セルフプランを含む、やよい青色申告オンラインの料金の全体像は、以下の表の通りです。

 セルフベーシックトータル
料金
初年度
無料6,00010,000
料金
2年目~
8,00012,00020,000
基本
機能
取引入力
帳簿
確定申告
レポート
取引入力
帳簿
確定申告
レポート
取引入力
帳簿
確定申告
レポート
サポ
ート
(なし)チャット
メール
電話
画面共有
チャット
メール
電話
画面共有
業務相談

なお上記の通り、セルフプランの1年間無料が終わると、その後は年8,000円(税別)となります。

 

上記の無料は、2022年3月15日までの期間限定のキャンペーンで、最初の1年間だけ無料で「セルフプラン」を利用できます

もともとfreeeを考えていた方も、やよい青色申告も登録してみるのをおすすめします。

ゆるり会計士@海外在住

使わない結果になったとしても、無料なら損はないですもんね。

>> 公式 やよいの青色申告 オンライン

【参考】会計freeeの無料登録の手順

会計freeeの無料登録は、公式サイトから簡単にできます。

>> 公式会計freee

登録時に入力が必要となる情報は、以下の通り。

  • メールアドレスとパスワード(またはSNSアカウントとパスワード)
  • 自分の業種(リストから選択)
  • これまでの会計のやり方(リストから選択)
  • 確定申告する年度(選択)
  • お試しするプラン(選択)

これだけ入力すれば登録完了なので、いかに登録が簡単かが分かると思います!

ただ、中には登録の途中での入力に不安がある方や、念のため登録方法を詳しく把握しておきたい方もいると思います。

そんな方は、以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

会計freeeの始め方 | 登録手順は簡単!【画像つき】

まとめ: 会計freeeは無料プランからでOK

いかがでしたでしょうか。

会計freeeの無料プラン利用するにあたってのポイントをまとめると、次のとおりです。

  • 会計freeeは無料で簡単に使い始められ、課金もされないので、安心して利用できます。
  • 無料でも基本機能は使えるので、使ってみると便利さを実感できるはず。
  • 無料で確定申告までは難しいので、確定申告の前までに、有料プランに切替えが必要です。

早めに無料登録して使い始めて、使い方に慣れてしまいましょう。

無料登録時の入力5項目
  1. メールアドレスとパスワード
    (or SNSアカウントとパスワード)
  2. 自分の業種(リストから選択)
  3. これまでの会計のやり方(選択)
  4. 確定申告する年度(選択)
  5. お試しするプラン(選択)

ゆるり会計士@海外在住

上記の5項目を入力するだけで、無料登録完了です。簡単なので、今すぐ登録を!

>>【公式】無料登録お申込みはこちら

 

無料登録前に念のため口コミも見ておきたい方は、以下の記事を参照ください。

 

>> 会計freeeの口コミ | 本音の感想や評判、レビューを集めました。