会計freeeのメリットとデメリット各3点 | 失敗しない会計ソフト選び

「会計freeeは評判いいけど、デメリットはないの?」

「会計freeeを使うつもりだけど、デメリットも事前に把握しておきたい。」

本記事では、そんな方の疑問に答えていきます。

会計freeeのメリット3点

デメリットの説明の前に、そもそもどんなメリットがあるのかを先に解説します。

①簿記や確定申告の知識がなくても使いやすい。

日常の記帳がカンタン

会計ソフトの最重要の機能は、日常の記帳の機能。

会計freeeの最大の強みは、経理や簿記の未経験者でも使いやすいインターフェースにあります。

他の会計ソフトは、複式簿記(=借方と貸方)の考え方を踏まえた入力方式が基本。

それに対して会計freeeは、複式簿記の知識を要しない直感的な入力が可能です。

 

なので、初心者でも日常の取引の記帳をサクサク進めて行くことができます。

会計士の私も実際に使ってみました。

会計freeeは必要最小限の機能に絞っているので、迷わずに操作ができました。

日常の記帳処理の使いやすさは、誰にとってもメリットになると思います。

普段から忙しくて、少しでも時間の節約をしたい方には、会計freeeがお勧めです。

年に一度の確定申告もカンタン

年に一度の確定申告が簡単なのもfreeeの特長。

「確定申告書ってちゃんと見たことがないんですけど」という人でも、質問に答えていくだけで、必要な情報を入力してくれます。

すべての質問に答え終わると、あなたの必要情報を記入した確定申告書が完成。

確定申告を始めて経験する方も、本当に簡単に終わるので、驚く方が多いです。

ただし、確定申告をスムーズに終わらせるためには、日頃の記帳を済ませておく事が欠かせません。

 

簿記の知識もあったほうがいいので、時間のあるときに簿記3級程度の勉強をしておくのがお勧めです。

②スマホアプリで記帳から確定申告まで可能

上記の通り、使いやすさにこだわったfreeeならではなのが、スマホアプリの使いやすさ。

銀行やクレジットカードから取り込んだデータの記帳を、クリックひとつでサクサク進められます。

私も実際に使ってみましたが、他の会計ソフトのアプリよりも工数が少なく、あっという間に記帳の処理を完了できます。

アプリの使いやすさという点では、競合のMFクラウドや「やよいの青色申告オンライン」のはるか先を行っていると感じました。

そして、2020年11月現在では、確定申告書の提出までアプリで出来るのは、会計freeeのみ。

なお、初期設定など、アプリでは出来ない機能もあるので、パソコンのプラウザ版との併用も必要です。

ただ、年間の取引が多くないフリーランスの方ほど、日常の記帳から確定申告まで、スマホのみで大半の処理が実行可能です。

③株式の売買やFX取引にも対応

株式の売買やFX取引を行っている方が確定申告をする場合、確定申告書の第三表や第四表の作成も必要になります。

会計freeeは、他の主要クラウド型の会計ソフトとは異なり、第三表や第四表の作成も可能です。

このあたりは、ユーザーの動向を踏まえたサービス展開をしているfreeeならではと思いました。

株式の売買やFX取引で確定申告をする必要がある方は、会計freee一択と言えます。

会計freeeのデメリット3点

①毎月の利用料がやや高い。

会計freeeを利用するには、年払いか月払いの利用料を支払う必要があります。

freeeの料金プラン

料金は上記の表のとおりで、全て税抜きです。

大きめの字で書かれている金額は、年払い(途中キャンセルは返金なし)の場合の月あたり金額なので注意してください。

(年払いの場合の月当たり金額)

  • スタータープラン: 980円/月(年額11,760円)
  • スタンダードプラン: 1,980円/月(年額23,760円)
  • プレミアムプラン: 3,316円/月(年額39,800円)

月払いする場合の料金は、表では小さく書かれていますが、以下のとおりです。

月額払いの料金
  • スタータープラン: 1,180円/月
  • スタンダードプラン: 2,380円/月

なお、プレミアムプランは年払いのみです。

これを他の会計ソフトと比較すると、以下の通りと言えます。

まずインストール型の会計ソフトとの比較では、インストール型は、ソフト購入時に一括払いになります。

 

値段もさほど高くなく感じられます。

 

ただし、毎年のアップデート費用がかかりますし、取引の自動取り込みなどの使いやすさでも劣ります。

 

なので、総合的に見ると、freeeなどクラウド型の会計ソフトがおすすめです。

また、他のクラウド型会計ソフトであるMFクラウドや「やよいの青色申告オンライン」と比べると、freeeは若干ですが高いです。

>> MFクラウド確定申告の料金プラン比較 | パーソナルミニとパーソナルの違い3点

>> 弥生(やよい)の青色申告/白色申告オンラインの料金プラン比較【無料あり】

料金をなるべく抑えたいのは、誰でもそうですよね。

特に従業員の給与計算がある方にとっては、MFクラウドはどのプランでも給与計算が可能(5名まで追加料金なし)なので、この点は大きな差になります。

 

また、「やよいの青色申告オンライン」は、無料で1年間使えて、確定申告機能までついています。

 

無料で確定申告までやり切りたい方には「やよいの青色申告オンライン」一択になります。

料金は、会計ソフトを選ぶ際に、重要なポイントの一つです。

ただ個人的には、会計freeeは便利なので、多少の金額の違いで利用をやめてしまうのは勿体ないとも思っています。

どの会計ソフトも無料で使い始めることができるので、気になるようであれば、複数のソフトを無料で使いはじめて比較してから決めるとよいでしょう。

ゆるり会計士@海外在住

freeeの無料版は、記帳など普段の利用は有料プランと同様に使えるので、本番環境を無料で試すことができます。

ただし、無料版では確定申告までは出来ないですし、1ヶ月以上前の入力情報は表示されない設定になっています。

freeeを無料で使い続けるのは限界があることも予め知っておきましょう。

②入力方式が新しいため、経理経験者には合わない場合がある

簿記の知識がなくても利用しやすい会計freee。

ただし、入力方式に関しては、少し不便だという声もあります。3つのポイントでまとめました。

記帳入力のインターフェース

ただし簿記の知識がある経理経験者などは、従来型の会計ソフトとインターフェースが異なる点に違和感を感じることも多いようです。

また、MFクラウドなど他の会計ソフトでは、日常の仕訳や期末の仕訳について、複式簿記の形式を含め、色々な形式で入力できる機能の豊富さがあります。

この点、会計freeeは、初心者の使いやすさにこだわり、無駄を削ぎ落としています。

経験に応じて、色々な入力方式を選択できる他の会計ソフトの方が、便利と感じる方が多い理由はここにもあります。

多くのフリーランスの方は、経理の経験が浅いかほぼないと思いますので、会計freeeを問題なく使えるケースが多いと思います。

この点は、実際に無料で使ってみて、自分にとっての使い勝手を確認しておくのが重要でしょう。

無料で使ってみて、どうしても不便さを感じる方は、他の会計ソフトを考えましょう。

補助科目がない。

freeeの場合、補助科目名がなく、メモを残したい場合はタグをつけることになります。

この点、経理経験者は特に、馴染みがなくて使いづらいと感じることが多いようです。

仕訳の一括登録

また、仕訳の一括登録の機能がMFクラウドにはありますが、freeeにはありません。

いや、freeeにも一括登録の機能はあるのですが、プロフェショナルプランという一番高いプランでないと使えません。

一括登録は基本的なプランにも入っていて欲しい機能ですね。

取引量が少ないフリーランスの方にはあまり影響ないですが、取引量が多い方にとっては、不便に感じるポイントです。

以上のよう点で不便さや違和感がなければ、会計freeeの利用がお勧めです。

気になる点がある方は、他の会計ソフトも試してみましょう。

③サポートの対応が遅いとの声あり

ネット上の声を拾ってみると、freeeのサポートは対応が遅いとか、知りたいことに答えてくれないといった声がチラホラ目につきます。

他方、freeeは、どちらかといえばFAQをかなり充実させていますので、ネットで自分で検索して調べて問題を解決できる場合も多いです。

このあたりは、ユーザーの好みによっても違ってくるのかなと思います。

手厚いサポートを期待する方は、老舗の弥生会計の「やよいの青色申告オンライン」を利用するといいでしょう。

サポートの手厚さには定評があります。

他方、会計freeeも、FAQが充実しているのに加え、チャットのサポートもあります。

そもそもクラウド型会計ソフトは使いやすいので、多くの方にとっては、会計freeeで困る場面はそんなに多くないはずです。

番外編

その他のデメリットとして、クレジットカードの取引データの取り込みがタイムリーではないという点もあります。

つまりクレジットカードで決済をするたびに取り込みが行われるのではなく、カードごとに基本的には月1回まとめての取り込みになります。

この点は、さほど大きなデメリットではないので番外編としました。

クレジットカードでの取引が多く、かつ内容をタイムリーに取り込んで把握したい方には重要なポイントになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

会計freeeは評判がいいですが、デメリットも事前に知ってもらいたくて本記事を書きました。

すべての面で完璧な会計ソフトはありません。

デメリットを知った上で、自分として納得できる会計ソフトを選んで使っていきましょう。

自分にとって根本的なデメリットの場合でない限り、実際に使ってみると、さほど気にならなくなるものです。