【会計freeeの使い方】簡単!初期設定から連携・記帳まで会計士が解説

「会計ソフトの無料登録が済んだら、次は何をすればいいんだろう?」

 

「使い方が分からない場合は、どうしたらいいの?」

せっかく会計ソフトの登録が済んだのに、何もせず放置してしまう方もたくさんいます。

ゆるり会計士@海外在住

無料期間中に基本的な使い方を覚えないと、もったいないですよね。

私は公認会計士で、現在は海外在住ですが、日本と海外で10年以上税務業務をクライアントに提供してきました。

本記事では、代表的なソフトである会計freeeの実際の画面を見ながら、無料登録後の使い方を解説します。

簡単に言うと、最初にやるべきことは、会計freeeを銀行口座やクレジットカードと連携しておくことです。

これにより、会計ソフトの便利さが実感でき、仕訳や確定申告に対する苦手意識も和らぐはずです。

会計ソフトで事務作業を効率化して、自分の自由時間を増やしていきましょう。

>> 公式会計freee (5分で無料登録できます)

会計freeeの使い方 | 口座連携で初心者も簡単に記帳

会計freeeなどの会計ソフトの役割は、取引を記録し、帳簿や財務諸表、確定申告書を作成すること。

そのうち、会計ソフトを使って取引を記録する方法は大きく以下の3通りの方法があります。

取引の入力方法
  1. 銀行やクレジットカードの情報を同期して取引データを取り込む。
  2. レシートの写真から経費のデータを取り込む。
  3. 手入力を行う。

従来のインストール型の会計ソフトの場合は3の手入力のみでした。

1と2が出来るようになったのがクラウド型会計ソフトの最大のメリットと言えます。

 

そして、単にデータを取り込むだけでなく、AIが適切な会計処理(勘定科目名)を提案してくれます。

なので、利用者はその提案された処理がおかしくなければポチッとクリックするのみで、各取引の記帳が完了するわけです。

ゆるり会計士@海外在住

今のAIは賢いので、私のような会計士の目から見ても、大体の場合で正しい会計処理が提案されます。

会計ソフトを導入して最初に1回だけ自分の銀行口座やクレジットカードと連携して同期できるようにしておきます。

 

すると、その後の取引は自動で定期的に取り込めるので本当に手間いらずです。

なので、銀行口座やクレジットカードとの連携を行っておくことが必要かつ重要になります。

実際には、連携しただけでは処理が完了しないので、もう少し細分化して言うと、以下の3点を実施する必要があります。

freeeの登録をして最初の最初にやるべきこと
  1. 銀行口座やクレジットカードの連携・同期
  2. 取り込んだ取引(経費など)の仕訳処理
  3. 開始残高の登録

 

会計freeeは、詰まるところは確定申告のための会計ソフトです。

ゆるり会計士@海外在住

確定申告は2月16日から3月15日までの期間にやればいいのですが、その準備は事前にやっておかないと後が大変です。

なので、まずは上記の基本3点のやり方を見ていきましょう。

 

会計freeeで銀行口座やクレジットカードを連携・同期

(1) 銀行の取引記録の取り込み

freeeの登録が完了しログインすると、以下のようなホームページに進めます。

freeeのトップ画面

銀行口座がまだ登録されていない状況ですので、「銀行」の箇所の「口座を登録」をクリックします。

freeeのトップ画面左の口座連携状況

 

すると以下のような画面に進み、自分の銀行口座の登録を行うことができます。

freeeの銀行口座の登録画面

私はみずほ銀行ダイレクトを使っているので、みずほ銀行を例に手順を紹介していきます。

 

「みずほ銀行ダイレクト(API)」をクリックすると、以下のメッセージが出ます。

freeeのみずほ銀行口座の登録画面

「登録」をクリックすると、次の画面へ。

freeeのみずほ銀行口座の登録の完了

自身の銀行口座の取引記録をfreeeに同期するためには、「みずほ銀行ダイレクト(API)の認証ページへ」をクリックします。

 

すると、みずほ銀行のページへ。

freeeにおけるみずほ銀行のサービス連携の申込み

「サービス連携規約に同意する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

 

すると以下の画面へ。

freeeのみずほ銀行連携のためのお客様番号入力画面

みずほ銀行ダイレクトの自分の「お客さま番号」を入力し、「次へ」。

次の画面では、自分のパスワードを入力します。

 

すると、以下の画面に。

freeeとみずほ銀行のサービス連携の同意

「確認しました」の箇所にチェックを入れ、「同意する」をクリックすると次に進みます。

 

すると、画面はfreeeに戻り、以下の通り、みずほダイレクトが登録されていることがわかります。

freeeのトップ画面左でみずほダイレクトが登録された画像

そして、一番下のところに「すべての口座を同期」というボタンが出来ているので、これをクリックしてみましょう。

 

すると、みずほダイレクトの箇所が以下のように変わります。

freeeのトップ画面左でみずほダイレクトを同期した後の画像

「確認」のボタンをクリックしましょう。

 

すると銀行口座の情報の同期に成功。

以下のように、最近の取引の金額が表示されます。

freeeのトップ画面左でみずほダイレクトの同期後に取引が取り込まれた画像

右上に「6」とありますが、これは最近の6件の取引が取り込まれたということ。

これで、銀行口座との連携が完了し、銀行取引の同期(取り込み)も完了しました。

 

(2) 取り込んだ取引の仕訳処理

上記の通り、6件の取引が取り込まれたので、「6」の箇所をクリックしてみましょう。

そうすると、取り込んだ6件の取引が表示されます。

freeeでみずほダイレクトから取り込んだ取引の明細

取引3件に絞って画像にさせて頂きました。

最近の取引が自動で取り込まれています。

クラウド型会計ソフトのメリットは、「登録内容」の箇所にあるように、銀行取引明細の内容から会計処理(勘定科目)を推測して表示していることです。

 

具体的には、「支払手数料」とか「売上高」と表示されています。

この3件の取引についてどんな処理をすればよいか、順にひとつひとつ見ていきましょう。

①振込手数料 440円 (支出)

これは銀行の振込手数料なので、勘定科目の箇所に「支払手数料」と自動で分類が入力されています。

また、消費税の分類の箇所は「課税仕入10%」となっています。

ゆるり会計士@海外在住

会計士の私から見ても、AIが行ったこの処理は問題ないので、変更しません。

AIが判定した内容が正しくない場合は、変更もできます。

「支払手数料」となっている箇所を変えたい場合、ここにカーソルを合わせます。

 

すると以下のように、他の勘定科目名の候補一覧が現れます。

freeeで勘定科目の登録内容を変更するときの画面

これらの中から自分が適当だと思う勘定科目名を選べばよいわけです。

 

さて、適当な勘定科目名が表示されたら、画面右側の「登録」をクリックしましょう。

登録した取引は、今の画面からは消えます。

 

消えてどこに行ったかというと、画面をスクロールして上の方に行くと「ステータス」の欄で「未処理」と「処理済み」のタブがあるのが分かると思います。

freeeの「自動で経理」の、未処理と処理済みのタブの画面

タブを見ると、いま見ていた画面は「未処理」の取引の画面だったことが分かりますね。

ここで「処理済み」をクリックして検索を行うと、先ほど登録した取引を見ることができます。

先程登録した取引が、登録済みの取引として記録されていることが確認できました。

② 三井住友カード 37,916円 (支出)

2番目の取引ですが、これはクレジットカードの支払い取引です。

この取引は会計処理が不要です。

というのも、上記で銀行口座の同期を行ったのと同じように、後でこのクレジットカードもfreeeに同期します。

 

クレジットカードの同期をした後に、その段階で各取引の会計処理を行いましょう。

ゆるり会計士@海外在住

銀行取引の入力画面で37,916円の会計処理を行ってしまうと、二重に経費を計上することになってしまいます。

二重計上しないように注意しましょう。

③ 40,311円の収入

これは私の副収入ですが、勘定科目も正しく「売上高」として提案されていますので、「登録」をクリックして登録します。

 

以上で、銀行取引の取り込みから登録(仕訳)までの流れが分かったかと思います。

それ以外にもクレジットカードを使った取引があれば、同じように連携・同期して、取り込む必要があります。

また現金で払った経費については、スマホアプリで撮影して取り込むか、手入力する必要があります。

 

最後にもう一つ補足。

銀行やクレジットカードの取引の中には、個人事業と関係ない取引、つまりプライベートの取引が入っていて、取り込まれる場合もあると思います。

プライベートの支出も取り込まれているけど、マズイですか?

相談者

この場合は「詳細」をクリックした後に「プライベートな入金として処理」という箇所があります。

 

これをクリックすると、この取引は売上として登録されず、「事業主借」という勘定科目で記録されることになります。

ゆるり会計士@海外在住

簡単ですね。「事業主借」や、それと類似する「事業主貸」という勘定科目については、説明が長くなるため別記事で説明します。

少し会計処理に関する説明が長くなりましたが、大事なので詳しく説明させて頂きました。

(3) 開始残高の登録

開始残高の登録については別記事での説明となります。

会計freeeの使い方の不明点はサポートで解決!【チャット/メール/電話】

会計freeeを使っていて分からないことが出てきた場合の対処法は、大きく2つあります。

  1. ネットで調べる
  2. 公式のサポートを利用する

ネットで調べる | freeeはFAQも充実

利用していてあなたが分からないことは、他の人も同じ経験をしている可能性が高いです。

なので、ネットで検索すれば、問題が解決する場合が多い。

特にfreeeは利用者が多いので、その分ネットの情報も充実していて、安心です。

また、freeeはユーザーの利便性を重視しており、公式サイトのFAQ(よくある質問)のページが充実しています。

ネットで調べた場合も、多くの場合、検索上位にはfreeeのFAQが出てくるはずです。

有料サポートを利用する

とはいえ、技術的な問題を含め、調べても分からないこともあります。

この場合は、freeeのサポートを利用しましょう。

freeeのサポート体制は、以下のようになっています。

 無料プラン有料プラン
チャットサポート△ (*1)
メールサポート
電話サポート△ (*2)

(*1) 最初の1週間のみ利用可能
(*2) 最上位のプレミアムプランの場合は利用可能

まずは、すぐに回答可能なチャットサポートを利用するのがいいでしょう。

チャットで解決できないような問題の場合は、メールか電話を利用します。

ただし、電話サポートは高いプランでのみ利用可能なので、現実的にはメールサポートを利用する方が多いと思います。

なお、ネットで調べても分からない問題の場合、サポートを利用しても解決まで時間を要する可能性があります。

 

時間の余裕を持って、サポートに相談するようにしましょう。

まとめ | 会計freeeの使い方は「習うより慣れろ」

以上、会計freeeの使い方を、銀行口座の取引データの取り込みから基調の部分を中心に説明しました。

個人事業の経費の支払いをクレジットカードで行っている方は、同じように連携・同期して、会計処理をしてください。

ゆるり会計士@海外在住

freeeの使い方の全貌までは説明出来ませんが、最初の一歩が肝心。あとは「習うより慣れろ」で使いこなせるようになります。

登録まだの方はすぐに始めてみましょう。

>> 公式会計freee (無料登録できます)

 

会計freeeの有料プランと無料プランについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

>> 会計freeeの料金プラン比較 【スターター/スタンダード/プレミアム】会計士が解説

 

>> 会計freeeの無料プランでできることは?いつまで無料期間が可能かも解説